学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

書きぞめ展示中

 各クラスの廊下に書きぞめ作品を展示しました。秋の書写コンクール時より腕を上げた生徒も多くいました。PCやタブレットが主流になり、自分の手で文字を美しく書くという習慣がなくなりつつある世の中で、こういった伝統的な文化も大事にしていきたいですね。

MetaMojiクラスルーム初使用

  本日、3時間目の1年生の授業は数学でした。生徒が授業でタブレットを使用し学習する初の授業となりました。その際、MetaMojiクラスルームという教育支援ソフトで豆テストを実施しました。このソフトは、教師のタブレットと生徒達のタブレットをリアルタイムでつなげ、「協働・共有」というICTの良さを授業で発揮しやすい授業支援ソフトです。空き時間の多くの先生たちが湯田先生の授業を見学に来ました。

 今日は使い始めということでタッチペンが使いにくかったり、操作方法が分からなかったりして時間がかかりました。しかし、短い時間の中ですが、生徒たちは使用していくうちにすぐに慣れていく様子が伝わってきました。

 今後は、有効な使用場面について検討を重ねる必要がありますし、タブレットを使用した際の復習はどうするか(現時点ではタブレットは常時持ち歩ける、持ち帰れるルールではありません)についても検討していかなければなりません。

 また、本日の放課後と来週の木曜日の2回に分けて、町教育委員会の主催で教員向けの「MetaMojiクラスルーム研修」が実施され、本校ではほとんどの教師がその研修に参加します。今後、授業の中で有効に活用できるようにしていきたいです。

「冬はつとめて」雪かきありがとう

 本日の朝は積雪のため、登校に時間がかかった人も多くいたと思います。また、3年生の中には本日、私立の入試だった人もいました。

 皆さんが到着するはるか前の7時から皆さんのために雪かきをしてくれた2年女子生徒がいました。また、徐々に人数が増えて、最終的には野球部や美化委員会の皆さんが協力して登校しやすく除雪してくれました。雪かき作業に協力してくれた皆さんありがとうございました。

 また、皆さんの登下校する道の除雪をしてくださっている地域の方、凍結しないように融雪剤を道路にまいてくださっている方、時間を作って送迎してくださっている保護者など様々な方の支えがあって登校できています。もし、作業している方に朝、出会ったときには、「ありがとうございます」という言葉が伝えられるといいですね。自宅の玄関先から学校の駐車場まで車で送ってもらっていると、そのような「苦労」や「支え」、「つながり」に気付きにくくなっていきます。何でもやってもらって当たり前…そういう気持ちを持ってしまっている人と、登校後、寒い中でも除雪作業に加わろうとする気持ちを持っている人では、今後の生活に大きな違いが生まれていきます。岩江中の生徒の皆さんは是非、後者であってほしいと思います。

iPad使用ガイダンス

 本日6時間目の総合的な学習の時間に「iPad使用ガイダンス」を全校放送で実施しました。

 昨年夏から進んできたGIGAスクール構想ですが、光回線の設置工事、Wi-Fi環境整備完了、収納BOXの設置と着々と準備が整ってきました。そして冬休み中に生徒用タブレット(iPad)の設定・設置が完了しました。

 また、町の教育委員会の指導の下、タブレットの使用規定を検討し、準備を進めてきました。今日のガイダンスでは、簡単な使用方法、使用上のルール・マナー等の確認をし、各タブレットにネームシールを貼りました。早速、使ってみましたが、今後、授業の中で本格的に使用していく予定です。

PTA役員会

 1月15日18時30分より、PTA役員会を実施しました。この会では、役員全員が出席し約1時間かけて、次の案件について検討したり、情報を共有したりしました。

 〇次年度のPTA役員候補の検討

 〇2月の授業参観・学年懇談会・拡大委員会について

 〇PTA予算の執行状況と返金について

 〇学校評価アンケート結果について

 検討の結果、コロナ感染拡大防止の観点から、2月12日に予定されていた授業参観・拡大委員会は中止とし、学年懇談会のみ実施することになりました。本日、案内プリントを配付しましたのでご確認ください。学校評価アンケート結果とその分析等に関するプリントは、後日配付する予定です。

 役員会での情報交換は、やはりコロナウイルスに関することが多く、コロナ陽性者が出た場合の対応はどうなるのか、卒業式はどのような形で実施するのか等が主な話題でした。

 コロナ陽性者が出た場合については、既に近隣の市町村の学校でそのような事態が発生しており、その対応についても情報を集めているところです。それらの反省点や課題を明確にし、適切に情報を把握しつつ対応したいと考えております。

 卒業式に関しましては、感染拡大の状況をふまえながら町教育委員会の指導を仰ぎつつ、可能な限り3年生、そしてそのご家族ににとっても貴重な思い出になるよう工夫して計画、準備していきます。