学校日誌

2015年8月の記事一覧

色水を作ったよ!


 今日も雨です。校庭で遊ぶことはできません。でも、1,2年生の子どもたちは楽しい遊びを始めました。色水づくりです。教室の前の花壇の花びらを拾って、黄色やピンクの色水を作りました。雨の日の昼休み、ちょっとアイディアで楽しい時間となりました。

      
0

雨だけど遊びたい!


 学校が始まってから、雨の日が続いています。それでも、子どもたちは外で友達と遊びたくてしょうがありません。今日も、昼休みに雨が上がったことを確認すると、水たまりを避けながら遊具のところまで行き、元気に遊んでいました。夏休み中に設置された新しい鉄棒でも、初めて遊ぶことができました。
 明日も雨の予報ですが、来週は青空の下、子どもたちがおもいっきり校庭で遊べることを願っています。

      
0

アサザの移植体験に行ってきました。


 26日(水)に4年生が総合的な学習の時間の体験学習として猪苗代湖に出かけました。目的は、水質を向上させる働きがあるアサザという植物の移植体験です。子どもたちは、講師の方の指導を受け、膝近くまで水に浸りながらアサザを移植しました。移植後は、講師の方に、水質の指標になる猪苗代湖の水生生物について質問をして、たくさんのことを教えていただきました。

   
0

1学期後半のスタートです!


 長かった夏休みが終わり、学校に子どもたちの笑顔が戻ってきました。朝の教室からは、「おはようございます」という元気な声が響き、昼休みの校庭には友達と楽しそうに遊ぶ子どもたちの姿がありました。休業後集会では、校長先生の話と代表児童による発表があり、今日から、また、みんなで学校生活を充実したものにしていくことを誓い合いました。また、夏休み中に行われた町の水泳交歓会の表彰も行われました。
      
0