新着情報
学校日誌

こんなことありました!

教務主任の徒然草~○○年ぶり~

 今年の夏休み、○○年ぶりがたくさんありました。

○104年ぶり

 エンジェルスの大谷選手が、ベーブルース以来の二桁勝利・二桁本塁打を記録しました。わたしがベーブルースを知ったのは、今から46年前の小学3年生の時に、巨人の王選手がベーブルースのホームラン記録714本を破ったときです。わたしが初めて知ったアメリカ人だったかもしれません。今の子ども達も、大谷選手のおかげでベーブルースのことを知ることができたのではないでしょうか。

○51年ぶり

 昨日、甲子園の準々決勝で、聖光学院が勝ちました。福島県の学校がベスト4に進出するのは1971年の磐城高校以来です。今年の聖光学院は、打線が好調なので、明日の準決勝も期待できそうです。

○37年ぶり

 全米女子アマゴルフで、馬場咲希選手が、日本人として37年ぶりに優勝しました。まだ17才なので、これからの活躍が楽しみです。

○3年ぶり

 今年は3年ぶりに行動制限のない夏休みでした。みなさんも、久しぶりに旅行に出かけたという方もいるのではないでしょうか。また、三春盆踊りも3年ぶりに行われ、わたしも久しぶりに楽しみました。

 

25日(木)は36日ぶりの学校です。体調を整えて元気に登校してください。

 

 

準備完了

 来週22日(月)から始まる5・6年生の陸上練習に向けて、校庭にトラックと100m走路のラインを引きました。練習の準備はバッチリです。5・6年生のみなさんは体調バッチリで参加できるように、生活リズムを整えてください。また、暑い中での練習となるので、水分を多めに用意したり、体を冷やせるように保冷剤を用意したりして、熱中症予防を心がけてください。

夏休みもあと6日

 早いもので、夏休みも今日を含めてあと6日です。宿題は終わったでしょうか。まだの人はラストスパートでがんばりましょう。さて、福島県では新型コロナウイルス感染者数が連日過去最高を記録しています。夏休みが終わり学校が始まることで、さらなる感染拡大の恐れがあります。御木沢小学校では以下のように、感染拡大防止を徹底して参りますので、ご理解ご協力をよろしくお願いします。

(1)感染リスクの高い活動に関しては、慎重に実施の有無を検討する。

(2)健康観察を徹底し発熱や体調不良等の感染が心配される場合は無理せず療養し、医療機関の受診を勧める。

  ①感染が疑われる症状等がある場合は、自宅等での休養を徹底する。

  ②登校時・登校後に感染が疑われる症状等がでた場合は、安全に帰宅させ、症状がなくなるまで自宅での休養を    

   徹底する

(3)以下の点に留意しこれまでどおり「基本的な感染症対策」を徹底する。

  ①十分かつ効果的な換気

  ②熱中症対策のもと、状況・場面に応じたマスクの着用

  ③こまめな手洗い及び手指消毒の徹底

  ④食事前後の手洗いの徹底、飲食時の十分な換気、歓談時のマスク着用

  ⑤健康的な生活による抵抗力の向上

 

今日から8月

 夏休み12日目、今日から8月です。夏休みも3分の1が過ぎました。生活リズムは乱れていないでしょうか。もう一度計画を見直して、充実した夏休みとなるようにしましょう。また、新型コロナ感染対策や熱中症対策を引き続き徹底し、安心・安全な夏休みにしましょう。

                                      環境省ホームページより

 

 

育っています

 学校で育てている農作物もぐんぐん育っています。

            5年生の稲:かかしも暑くて夏バテ気味です

           畑の野菜:おいしそうなナスがたくさんなっています。自由に収穫なされても結構です。

奉仕作業に向けて

 8月20日(土)に予定している第2回奉仕作業に向けて、外部作業員さんが草捨て場を拡げてくれました。今までは軽トラ1台ずつしか捨てられなかったのですが、これからは2台いっぺんに捨てられそうです。なお、軽トラックを協力していただける方は、調査用紙を提出していなくても結構なので、ご協力お願いします。

教務主任の徒然草~秘密兵器登場~

 教頭先生が町から借りたトラックでレーキを引いています。明日の予定でしたが、天気予報が悪いので急遽今日やることになりました。草との戦いも大詰め、秘密兵器の登場で校庭がきれいになることを期待しています。

教務主任の徒然草~夢は来年へ~

 夏休み7日目です。御木沢っ子のみなさん、今日もいつも通りに起きたでしょうか。早くも夏休み1週間が過ぎます。計画通りに学習を進めましょう。

 さて、昨日行われた高校野球県大会準決勝で、地元田村高校は、光南高校におしくも1対4で敗れました。残念ではありましたが、選手達、特にピッチャーの笑顔がとても印象的でした。本当に野球を楽しんでいるのが伝わってきました。でも、その裏にはきっと想像を超えた努力があったのでしょう。また、背番号20でベンチ入りしていた本校出身の1年生の姿がテレビに映り、控え捕手としてチームに貢献しているのが分かりました。甲子園出場という夢は来年へ持ち越されましたが、その勇姿は地元の人たちの胸に刻まれました。来年に向けて頑張れ田村球児。